元・半年で合格に挑戦からの再挑戦
初期知識はゼロ 半年前から始めて09年度短答合格を目指してました 10年度も一歩及ばず・・・ 11年度は最後の挑戦です。落ちないように勉強します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再起動

昨日の夜戻ってきました☆


静岡、名古屋、岐阜、滋賀、京都。


色々と旅してきました☆


将来への不安はありますが、


まずは論文合格しないと先へ進めない。


大分時間はロスしてしまい、かなり焦っていますが、


これからは全力で頑張ります!!
スポンサーサイト

テキストが届きました☆

勉強時間:9時間

財表 概念フレームワーク
財務 会計学Ⅱ直対答練③復習
管理 ステップ直対⑤
監査 監査報告
企業 代表取締役・監査役
統計 論文応用③
租税 論文応用③


今日ついに短答特別講座のテキストが届きました。
量が多いな・・・圧倒されそうです。


とりあえず、消化のスタンスですが、講義に沿って焦らず丁寧にやっていきます。
「もう一度一から丁寧に」というのが今回のモットーなので、
復習をみっちりやっていきます。
同時進行で、計算演習は一定期間ごとにテーマを決めてやっていこうと思ってます。
で、理解が浅い点はテキストに戻って理解する。
こういうスタンスで2カ月試してみます。


回転重視の勉強はとりあえず、しばらく辞めて、
もう一度、じっくりと見つめ直します。
で、8月末にまた判断しよう。

徒然と

皆様の暖かいコメント、一字一句備に読ませていただきました。
どれだけ勇気づけられたことか、ただただ「感謝」「感謝」です。

とりあえず、今日電話相談をしました。
(LEC、大原の無料相談を利用しました。)

LECでは7割取らないと厳しいとのことでした。
答練だけの対策では限界が来ている。テキストベースでの
学習が必要だと。そして後はいつでも7割取れる準備はしておいて、
運次第と言ってました。

大原では、やはり7割が基準とは言っておりましたが、
ランク付けから判断した場合、7割を超えないということなので、
論文対策をしてほしい。とのことでした。
やはり財表は難しかったみたいです。

私はこの試験あきらめるわけにはいかないので、もちろん12月へ
むけて頑張るのみです。
ただ、直対答練が終わるまでは受け続けます。
もったいないですからね。
その後はまたあとで考えたいと思います。
しかし、私はこの勉強を始める前、
インストラクターのバイトをしてまして、
当時は学生でもあり、貯金が150万ほどあったのですが、
半分くらい無くなってしまいました。
だから講座は取捨選択すると思います。

さて、試験改正が議論され、様々な意見が交わされています。
私はこれまであえて言及はしていなかったし、
するべきではないと思っていたのですが、
ちょっとしてみようと思います。

なんか幕末時代のように感じませんか?
私は金融庁をはじめ、議論に加わっている方々は、
受験生のことを考えていないとは思いません。
ただ、それぞれの立場があり、代表者として、
その権威とか面子とかを保とうとする。
だから衝突が起きると。
他人のことを思いやれとみんな言うのに、
団体になると変わってしまうよね。
権力者こそ、低い姿勢で物事を考えてほしい。
そう思いました。

個人的には制度改正することは賛成ですが、
ちょっと改正内容にはがっかりしてしまいました。
しかし、まだこれから議論が収斂されていくのでしょうから、
ひとまず、様子を見ようと思います。

さて、来年制度が変わろうが、目指すことに変わりはありません。
おそらく12月の試験内容が変わることはないでしょうが、
少なくとも今より厳しいと思った方が良いですね。

明日から、勉強再開します。
2日間手をつけられなかったのは自分の甘さです。
しかし、自分の落ち込まない性格には自分にもびっくりしますねw
反省はしているんですけど、口だけなのかな?w









今日は、もうちょっとだけ付き合ってくれませんか?

今日は不定期更新ですw

私はそんなに落ち込むタイプではないので、
今もそんなに落ち込んでいるわけではないのですが、
明日から6月18日まで、受かっているつもりで勉強して
行かなければならないのはさすがにしんどいですね。
でも、さすがにこれだけ難しくなってしまったら、
「もしかしたら」という希望もなくはないので、
やらねばならない。
これが超しんどいですね。

でも、明日から租税100時間ルールを決行する予定だったんで、
予定通り実行します。

租税100時間ルール

租税100時間やらないと他の科目はできない。
しかし、10以内に達成できない場合は
受かる気がないものと看做す。

というものです。

しかーし、さすがにきついwww

正直僕が本気で努力したのは1月からなので、
まだ努力というほどのものはまだないので、
今回の結果はただまだ努力が足りないだけなのでしょうが、
さすがに、ここまで短答が厳しいとなると、
さすがに、次の12月受かるかといわれると、
正直今回みたいになじみのない問題が増えると、
かなり不安になりますね。

短答の管理、財務など、8割余裕だよw
みたいな人がいたらぜひアドバイスが欲しいところです。

プロフィール

daglus

Author:daglus
27才 男
趣味:テニス・将棋
大原→LECへ
統計学選択

2009年1月から勉強開始し、09年は一歩及ばずでした。
2010年短答連続7割落ち・・・
2010年12月短答合格
2011年論文合格
2年半の時を経て、合格できました。

画像は僕が愛用してるストリングです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。