元・半年で合格に挑戦からの再挑戦
初期知識はゼロ 半年前から始めて09年度短答合格を目指してました 10年度も一歩及ばず・・・ 11年度は最後の挑戦です。落ちないように勉強します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短答一週間前の方々に(各論)

次は各論ベースです。


・監査


僕は委員会報告書を見まくった時は過去最低点。
改定前文を読みまくった時は過去最高点でした。
ここのところ公認会計士法はあまり出てないので、
改定前文の読み込みで、本番はそこから考え出して
答えを出すのがいい気がしてます。
委員会報告書は僕は読んではいけない派です。
論文前は一般基準はすらすら言えるようにはなっていました。



・企業


機関以外を強くする。商法・金商法を詰め込む
この二点を意識してました。
金商法はこの本を読んでいたのでかなり自信がありました。図が多いので今からでも読めない量ではないです。
そして、そろそろ清算解散が危ないのではないでしょうか?w
商法と金商法で落とさなければ、勝手に8割は超えると思うので、
そこが重要だと思ってます。



・管理


計算は過去の大原の答練を70分で解く練習をしてました。
解きなおしはせず、採点して終わりです。
とにかく実戦演習が大事だと思います。
理論は一問一答と理論テキストを高速回転してました。



・財務


ポイントアップを一回転しました。
あとは短答総合問題を1問15分で解き捨ててました。
理論はテキストの印つけているところを回転です。




この時期になると、持っている知識でどうやって7割5分超えるか
という意識を持ってやっていました。自分の知識を頼りに、
答えをひねり出す感じです。
直前期は詰込みばかりで実戦演習がなくなってしまうのが
一番危険だと思っています。


最後になりますが、私のやり方などどうでもよく、
自分を貫き通せるか、本番諦めずに最後までやりとおすか
だと思います。
ラスト一週間頑張ってくださいね☆
スポンサーサイト

短答一週間前の方々に(総合的観点)

いよいよ来週短答試験ですね。僕の友人も何人か受けるのでドキドキしています。
試験前というのは、極度の緊張状態にあり、集中力と焦りが入り混じったなんとも複雑な
心境になりますよね。あと一週間頑張ってください。


僕の一週間前の過ごし方を書いてみたいと思います。
あくまで個人的な観点ですが、参考にする方はして頂ければ幸いです。
ただ、最後は自分を貫き通すのが吉だと思っています。



・目標点数の考え方


全科目75%を目指します。上にぶれて80とれたり、
下にずれて70になったりするので丁度いい目標だと思っています。
だから、明らかに8割は超えると言う科目は
肩の力を抜いてもいいかと思います。



・論点のバランス


僕はCランクも全て抑えましたが、本番では結局出ませんでした。
最近の短答は知識あったもん勝ち問題は嫌われている傾向にある気がします。
Cランクやり過ぎた分、A、Bランクの抜け落ちがあって、本番はもったいない
ミスが多かったので、もうA、Bランク(特にA)に絞るのが得策だと思います。
本番は集中して冴えてるからAランクをもとに推測すると意外と勘でもあたって
しまう気がします。



・計算と理論


理論メインの勉強が多いと思いますが、どこか一日計算をがっつり
アウトプットする日を作った方がいいと思ってます。僕は水曜日にLECの
ポイントアップを10時間かけて全部解きなおししました。
あと、管理は70分で忘れたころの過去の答練を解く実戦演習をしていました。



・集中とメンタルについて



メンタルについては「月下の棋士」や「アカギ」「天」「カイジ」
(主に福本作品)が参考になると思います。
僕はある恩師にこの漫画を勧められ、論文試験では、
「天」のラスト三巻をホテルに持ち込みました。
今から読む暇などあるはずがないと思うので、
下記を参照してください。


月下の棋士名言集
赤木しげるの教え



集中力については、やはりテニスの王子様です。
集中には幾多の段階があって、それをコントロール
出来るかがカギだと思っています。
僕も集中力のコントロールはかなり意識していて、
「ギアを上げる」タイミングを重要視してます。
普段長時間集中していると疲れてしまうので、
集中度合いを調整することで、勉強に強弱がつけられる
と思ってます。
また、人間の集中力は持って90分であって、
試験中2時間は残念ながら絶対に持ちません。
試験中はトップギアなので尚更です。
そのことに気づいてからは、問題の解き方がかなり変わりました。
この最たる例が、管理を先に解き、監査を流すという作戦です。



次回は各科目について書きたいと思います。

具体的勉強法

原則


①寝る直前の勉強は本日の復習をさらっとする
②起きた直後の勉強は昨日の勉強をさらっと復習する
③6時間は寝たい(出来れば12~6時)
④脳を休めながら小刻みに勉強
⑤特定曜日を予備日とし、一週間の復習等に充てる
⑥一日に小運動する(ランニング・テニス等)


はたして守れるのやらw
しかし、やるしかないですね☆

諸葛亮孔明的勉強論

「三人寄れば文殊の知恵」

という言葉がありますが、これを中国では

「三个臭皮匠,賽過諸葛亮」(凡人でも三人が協力すれば、諸葛孔明に勝てる)

というそうです。
その孔明は、他の学者が書物を一字一句詳細に解読していくのに対し、
さらさら読みを何度も繰り返すという読み方だったようです。
大略を摑み、いかにそれを使いこなすかに重きを置いていたようです。

僕はこれを参考にして勉強していきたいと思います。


テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

プロフィール

daglus

Author:daglus
27才 男
趣味:テニス・将棋
大原→LECへ
統計学選択

2009年1月から勉強開始し、09年は一歩及ばずでした。
2010年短答連続7割落ち・・・
2010年12月短答合格
2011年論文合格
2年半の時を経て、合格できました。

画像は僕が愛用してるストリングです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。